2007年07月19日

自分の性格に嫌気がさす

毎度軽く鬱になりそうになるとこうやってブログに書くようにしている

どこかやりきれない気持ちや吐き出したいという気持ちから書くのかもしれない

実際書くことで楽になるが、さらに問題を引き起こすこともある

だからあまり書かないほうがいいのかとも思う、でも書いてしまう


自分はいくどとなく、友人を信じてきた、信じたいと思ってきた

仲間はずれにされたりしても普通に接してきた

だけど、高校生の時中学の頃の友人に裏切られた

その友人を信じようと待っていたが結局、音沙汰はなかった

他の友人達にも聞いたりしていろいろ試みたがその友人達ですら

事情や状況を教えてはくれなかった

知っていたのに知らないと言って・・・・・


と、そんなことがあって以来親しい人や友人などは特に

話を曖昧にしてはぐらかしたり

最後まで話してくれないということがあると

落ち込んだり、不安定になったり、最悪鬱になる

すべてを話してくれないとまた裏切られるんじゃないか

また仲間はずれにされるのじゃないかと

心のどこかで思ってしまっているのだろう・・・


まぁ人だから、話したくない時やすべてを話せというのはムリ

なのはわかっているつもりである

でも親しいからこそ話してほしいと思うことだってある・・・

難しい・・・・


気にしなければいいのだが、気にしてしまう

親しければ親しいほどその傾向は強い

「ちょっとね」「いろいろあって」「きにしないで」

などの言葉で、はぐらかされるのは嫌いだ

話せることなら少しでもいいから、具体的に話してほしい・・・


とアレ以来こういう状況である・・・・・

自分で自分がいやになる、信じていても

これをトラウマともいうのかもしれないが

昔の傷がうずいてどうしてもだめだ・・・・

この性格を治せるものなら治したい・・・・


最近その友人から音沙汰があった、今更謝罪の言葉を並べてきた

返答はしていない、今更なにを言われようが傷が癒えることも消えることもない

posted by こんにゃく at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。